大阪梅田のセルフエステサロン

S

セルフエステサロン<S>
利用規約

TERMS

第1条(総則)

本規約は、株式会社シバデン(以下、「甲」という。)が運営する「セルフエステサロン<S>」(以下、「当サロン」という。)における、甲と利用者間に適用されます。

第2条(目的)

甲は、利用者に対して、当サロンにおける美容用品及びその利用スペースの時間貸業並びにエステティック業を提供します。

第3条(会員)

1 当サロンは会員制とし、会員以外の者は原則として当サロンを利用することはできません。
2 当サロン会員となるためには、本規約を承諾し、甲所定の入会申込、誓約の手続を経て、当サロンが会員として適当と認める場合に会員となります。
3 単独で有効な法律行為をなしえない者が入会を希望する場合は、同意権者の書面による同意がなければ申し込むことができない。

第4条(入会資格)

当サロンの会員は次の各号にすべて該当する方に限ります。

  • ① 当サロンの目的を理解し、本規約その他甲が定める規則を遵守する方
  • ② 医師等からエステティックの利用を禁止されていない方
  • ③ 暴力団、暴力団構成員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業関係者その他これらに準ずるもの(以下、「反社会的勢力」という)に該当しない方
  • ④過去に当サロンの会員から除名となっていない方、過去に甲に対して未払い債務を負っている方
  • ⑤ 伝染病、感染症その他他人に伝染及び感染する恐れのある疾病を有していない方
  • ⑥ 申込時点で満18歳以上の方
  • ⑦ その他、当サロンが会員として適切と認めた方

第5条(権利の譲渡)

利用者は、甲に対する権利その他本規約に基づく一切の権利を譲渡、転貸、担保差し入れその他形態を問わず第三者に処分することはできない。

第6条(申込手続)

1 当サロンの会員になろうとする者は以下の手続に従い、当サロンに申し込みを行うこととします。

  • ① 当サロンのマイページ登録サイト(以下、「登録サイト」という。)より、会員登録を行う。
  • ② サロンの無料体験を予約し、来店する。
  • ③ 無料体験後、同意書等必要書類についても内容を確認のうえ、署名し提出する。

2 当サロンが第4条の資格審査を行い、入会を受諾する場合、申込時点において、当月分 (日割り)及び翌月分の月額利用料をクレジットカードにて決済いただきます。

第7条(月額利用料)

1 当サロンは月額制であり、当サロンが定めるコースごとに月額利用料を定めます。
2 会員は1ヶ月分の月額利用料を支払うことで、当月中当サロンを所定の時間、回数に限り利用することができます。
3 コースの定めは別紙料金表記載のとおりとします。コースについては、今後甲の判断により変更することがあります。

第8条(自動更新)

1 当サロンの会員資格は入会(もしくは復会)当月を除き、毎月末までとします。
2 会員が退会手続を完了しなかった場合、契約は同一条件でさらに1ヶ月更新され翌月末までとなり、以後も同様とします。
3 月額利用料は、前月20日に登録クレジットカードより決済されます。
4 月額利用料が決済できなかった場合、決済完了までの間、当サロンの予約が制限され、当サロンを利用できなくなります。

第9条(退会・休会・復会)

1 会員が当サロンから退会する場合、当サロンに来店し、退会希望月の前々月末までに退会処理を完了することで、退会することができます。
2 会員が当サロンを休会する場合、当サロンに来店し、休会開始希望月の前々月末までに休会処理を完了することで、休会することができます。
3 休会中は月額利用料の負担は発生しません。
4 休会中の会員が復会しようとする場合、当サロンに来店し、復会手続を完了することで復会することができます。復会手続の際は、復会希望月の日割り分及び翌月分の月額利用料を支払う必要があります。

第10条(禁止事項)

1 当サロンは、当サロン内での以下の行為を禁止します。

  • ① 飲食(当サロン提供の水分補給を除く)
  • ② 喫煙(電子タバコ、加熱式タバコ及び類似品を含む)
  • ③ ブース内での携帯電話での通話、スピーカーを利用した音楽・動画鑑賞
  • ④ 飲酒後のご利用
  • ⑤ 複数人でのブースへの入室(お子様連れを含む)
  • ⑥ 当サロン内で販売する商品を用いた営利行為
  • ⑦ 当サロン内の設備一切への危険行為
  • ⑧ その他当サロンの設備に危険が生じる可能性のある行為、他の利用者への迷惑となる行為

2 当サロンでは受付時に禁止事項に該当する可能性が高いと判断した場合には、予約の有無にかかわらず、利用を拒否することができます。その場合でも利用料の返還などは一切行いません。
3 ブースの利用開始後に禁止事項に該当することが判明した場合には、直ちに利用を中止し、退去いただきます。その場合も利用料の返金などは一切行いません。
4 禁止事項に違反した会員については、今後の予約に関して予約サイト記載の制限を加えることができます。

第11条(予約制度)

1 当サロンは予約制です。当サロンが提供する専用予約サイトにて、事前に利用時間の予約を確保しなければ利用できません。
2 会員は前月21日以降、当月分の利用枠を2件予約することができます。
3 予約をキャンセルすることなく、予約時間を徒過した場合、前項の予約枠が1件に制限されます。
4 キャンセルは予約時間の1時間前まで可能です。その時間が過ぎると無断キャンセルとみなされ、予約枠が制限されます。
5 予約時間を10分以上すぎると入室不可になり、無断キャンセルとみなされます。この際も予約枠が制限されます。

第12条(会員資格の喪失)

1 会員が次の各号の一に該当した場合、その資格を失います。

  • ① 退会したとき
  • ② 死亡したとき
  • ④ 除名されたとき
  • ⑤ 甲が当サロン事業を閉鎖したとき

第13条(除名)

甲は、会員が以下の各号のいずれかに該当する場合、当該会員を除名し、会員資格を喪失させることができます。

  • ① 本規約及び当サロンで告知している諸規則を遵守しないとき
  • ② 当サロンの内外を問わず、法令、条例または公序良俗に反する行為を行い、当サロンの会員としてふさわしくないと当サロンが判断したとき
  • ④ 当サロンについての虚偽の事実を流布したり、当サロンに関する事実に反する誹謗中傷をおこなったりしたとき
  • ⑤ 入会手続において虚偽の申告し、あるいは入会資格に関わる重要な事実を告知しなかったとき
  • ⑥ 当サロンの利用に際して、当サロン従業員に対して、不当・不合理な要求をするなどして、サロンの営業に支障が生じた場合
  • ⑦ 月額利用料を2ヶ月分滞納した場合

第14条(サロン施設の閉鎖・利用制限)

1 当サロンは、次の各理由に基づき、施設を一部閉鎖もしくは、全体を休業することがあります。

  • ① 当サロンが定める夏期・年末年始の休業日
  • ② 当サロンの設備を維持するためのメンテナンスを実施する必要が生じた場合
  • ③ 気象状況又は災害などにより、会員の来店又は当サロンの開業により会員・従業員に危害が生じる可能性があると当サロンが判断した場合
  • ④ 法令の改正、行政指導、社会経済情勢の急激な変化、その他当サロンの経営上やむを得ない事由が発生した場合
  • ⑤ 感染病の拡大防止など、公衆衛生・安全確保の観点から、当サロンの営業がふさわしくないと当サロンが判断した場合

2 前項に基づいて当サロンを閉鎖・休業した場合、当サロンが別に定める場合をのぞき、月額利用料の支払いが減免されることはなく、当サロンは会員に対し、特別の補償は行いません。
3 閉鎖・休業により、既に当サロンの予約をなされている場合でも、当サロンを利用できなくなる場合があります。

第15条(免責事項)

1 当サロン内で発生した紛失、盗難、傷害その他の事故について、甲は故意又は重過失がない限り、一切責任を負いません。
2 当サロン利用者は、自己の責任により、当サロン又は第三者に損害を与えた場合、速やかに賠償責任を果たさなければなりません。

第16条(反社会的勢力との関係)

甲は、利用者が次の各号のいずれかに該当すると判断した場合には、何らの催告もなく、利用者を除名し、ただちに当サロンの利用を停止させることができる。

  • a 暴力団、暴力団員、暴力団関係団体、暴力団関係者、その他の反社会的勢力(以下、「暴力団等」という。)である場合、または過去に暴力団等だった場合
  • b 暴力団等が事業活動を支配する個人または法人であるとき
  • c 役員または従業員のうちに暴力団などに該当する者がある場合
  • d 自らまたは第三者をして、甲または来店者に対して、詐術を用いたり、粗野な振る舞い、合理的な範囲を超える支払の要求、暴力行為または脅迫的言辞を用いたりした場合
  • e 暴力団等に対して、その者が暴力団等であることを知りながら、利益・サービスを継続的に提供していた場合
  • f 甲又はほかの利用者に対して、自身が暴力団等である旨を伝え、または自身の関係団体若しくは関係者が暴力団等である旨を伝えた場合

第17条(個人情報の保護)

当サロンは、個人情報の取り扱いに関するプライバシーポリシーを策定し、遵守します。会員の個人情報は、当サロン運営のための目的のみに用い、正当な理由のない限り第三者に開示することはありません。

第18条(合意管轄)

本契約および個別契約上、紛争が生じた場合には、大阪地方裁判所又大阪簡易裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。

第19条(規約の変更)

1 甲は、本規約の内容を変更した場合には、変更した旨を、本サイト上で告知します。
2 前項の場合、本サイト上で閲覧可能になった時点で、会員もその内容を知り、効力を有します。

以上

2021年9月1日発行

初回体験
60
受付中
入会金
0 円